肝臓の病気の症状と診断

自覚症状の現れにくい肝臓の病気は健診や人間ドックで見つかることが多い

健診の血液検査

肝臓の病気の大きな特徴の一つとして、病気を発症しても自覚症状が少なく、いつの間にか進行していることが多いという点が挙げられます。ウイルスに感染しても症状がほとんどなく、慢性化して肝硬変へと進行するC型肝炎はその典型例といえるでしょう。

肝臓の病気が自覚症状に乏しいのは、肝臓は予備能力が高いため、症状のダメージでは、症状が表に出てくることが少ないためです。もちろんすべての肝臓の病気に自覚症状が現れないということではなく、急性肝炎などでは吐き気・嘔吐、発熱などの症状が現れて、病院を受診するきっかけとなります。

しかし、多くの場合は、職場の健診で行う血液検査で異常を指摘されたり、人間ドックで腹部超音波検査などの画像診断を受けた時に偶然発見されているのです。早期の発見のためには、体の倦怠感、食欲不振などの肝臓特有の症状とはいえないちょっとした異変にも敏感になる、そして定期的な検査が大切です。

肝機能の状態を調べる血液検査の項目は多数ありますが、以下に代表的な検査と現れる異常サインを挙げてみました。

GOT(AST)
肝細胞の中にある酵素で、肝細胞が炎症によって破壊されると血液中に増加します。したがって、採血でGOTの量を調べることで、肝細胞がどれくらい破壊されているかを把握することができます。ただし、GOTは心筋や骨格筋にも存在するため、異常値の原因が肝臓であると確定するためには、次に挙げるGPT(ALT)と併せて調べることが必要です。

GPT(ALT)
GOTと同じく肝細胞に含まれる酵素です。GOTと異なり、大半は肝臓に存在しています。肝硬変、肝臓がん、アルコール性脂肪肝、劇症肝炎ではGOTの数値が高くなり、慢性肝炎、脂肪肝、急性肝炎の回復期にはGPTが高くなります。

AFP
腫瘍マーカーとして活用されており、数値の上昇は肝臓がんの疑いがあります。他の消化器系のがんでも高値を示すので、他の検査や画像診断と組み合わせることが大切です。

血清アルブミン
血液中のたんぱくの半分以上を占めており、肝細胞でのみ産生されています。肝臓にはたんぱく合成という大事な働きがありますが、肝硬変や劇症肝炎などで肝機能が低下していると血清アルブミンの数値は低くなります。たんぱくの一種であるグロブリンの量と比較(A/G比)で、肝炎の状態が把握できます。

コリンエステラーゼ
肝臓でつくられる酵素の一つで、重度の肝臓病で肝機能が低下すると、血液中の量が減少します。脂肪肝だと逆に検査数値は高くなります。

総ビリルビン
寿命となった赤血球中のヘモグロビンが変化した黄色い色素がビリルビンです。肝機能が低下すると、胆汁中に排泄することができなくなるため、血液中に増加します。血液検査でビリルビンの数値を見ることで、肝細胞の障害や、胆管の異常を見ることができます。

総コレステロール
肝臓の働きの一つに脂質の代謝がありますが、肝機能が低下すると、肝臓はコレステロールの合成ができなくなるため、総コレステロールの数値は低下します。また、肝臓で合成されたコレステロールは胆汁中に排泄されますが、胆道に異常があると数値は高くなります。

γ-GTP
アルコール性肝障害で数値が高くなる酵素として知られていますが、胆汁の流れが阻害されても高値になるため、胆道の異常を調べることができます。

上記の検査で異常値が見られたら、必ず再検査や精密検査を受けて原因を突き止める必要があります。肝臓の病気は症状が少なく、自覚症状が出た時には病状が進行していることが多いので、「検査値は異常だけど、症状がないから大丈夫だろう」というのは、全くあてになりません。